ローヤル電機 ネットショップ

風と光の話

新機能品発売!急速換気モード

急速運転モードチラシ   

換気の悪い密閉空間を避ける事が必要です。
窓開放による温熱環境の改善及び冷暖房負荷の低減
新鮮空気を取り入れて、排気される室内の空気から熱と湿度を交換し
空調された室内温度や湿度を室外放出を低減させることが出来る
高機能換気装置である第一種熱交換換気システムSE200RSに
30分に1回5分間最大風量運転する「急速換気モード」
新機能搭載品の発売を開始します。

【新規開発品の3つのポイント】
 1:急速運転モード搭載
   30分に1回5分間新鮮空気を室内に送る給気用ファンと
   室内の汚れた空気排出用ファンが同時に最大風量運転を始めます。

 2:設定風量運転と最大風量を繰り返し自動運転
   急速換気モードを設定すれば自動的にあらかじめ設定された
     設定換気風量で25分間運転し、繰り返し30分に1回5分間
   自動的に最大風量運転を繰り返してくれます。
  
 3:既存品も基板交換で搭載可能
   ロングセラー品のSE200RSであれば
   基板交換のみでその他改造なしで急速運転モード搭載可能です。

関連記事