ローヤル電機 ネットショップ

風と光の話

今だから知りたいこれからの換気の基本

「換気の必要性について」

三密対策として、換気の必要性に対する、意識が高まってきています。

私たちの暮らしの中では、締め切った室内の空気は

呼吸や家事などによって、二酸化炭素や湿度の割合が徐々に増えて汚れていきます。

また屋外からの花粉などの微粒子の侵入であったり様々なモノから発生する

化学物質などによって何もしなくても汚れが蓄積していきます。

このような空気の汚れを屋外に排出したり、新鮮な空気を取り入れて

汚れた空気を薄めるなど、計画的に換気で空気をキレイにする事が重要です。  

窓を開ければいいんじゃないの?」

窓を開けて換気することは非常に良いことです。

しかし、暑い夏の日や寒い冬など

一年中窓を開放することは、簡単ではありません。

すき間の多かった昔の家とは違い

新しい高気密高断熱住宅では、すき間が少なくなり

窓を閉め切ってしまうと、すき間風だけでは

すぐには室内の空気を新鮮空気に入れ替える事は出来なくなっています。

換気の種類」

換気には入口と出口を明確にした計画的な換気が重要です。

換気の種類は、大きく分けて3つあります。

2003年7月以降の住宅の多くは第三種換気と呼ばれる

空気の入口は自然に取り入れ、出口は機械で引っ張って汚れた空気を排出する

換気装置を使用しています。

最近増えてきている換気の種類は、第一種換気と呼ばれて

空気の入口と出口両方に機械を使って、出し入れしてくれる換気装置です。

その他に、特殊な空間では、第二種換気と呼ばれる入口は機械で空気を取り入れて

出口は自然に空気を排出してくれる種類もあります。

「第一種熱交換換気の特徴」

第一種換気には、温度と湿度を交換してくれる熱交換素子と呼ばれる機能を追加した

第一種熱交換換気という種類があります。

特徴は、外気をそのまま室内に取り入れるのではなく

室内の温度や湿度に近づけて新鮮空気を室内に給気してくれます。

その為、この種類の換気装置は、エアコンや加湿器、除湿器の補助として

今までの大半の住宅では屋外に排出していたお金をかけた空気を室内に

いくらかは戻してくれる為、人にもお財布にも優しい換気となります。

関連記事